どこまでも歩き続ける。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エキストラ感想・1
2008年02月18日 (月) | 編集 |
既にたくさんの方がレポはされてるようなのですが、私なりの感想を
記憶違いのところもあるかもしれませんのでその辺は大目にみてください(ぺこり)

16日、6時前に青葉台駅到着
ロケバスは待機中で乗り込んだと同時に出発(補助席以外は座ってた)
緑山に到着後、受付で男女にわかれて名前を言う
その後、首からぶら下げる札とカイロ、荷物を入れるビニール袋をもらう
その札には、

私  「A モンペ」
旦那 「A 復員兵」
子供 「A 戦争孤児」

男女別のテントに入ってまず着替え
たくさんの人でごった返している中、衣装さんに札を見せてモンペをもらう
上は4枚、下はジーンズを着たままもんぺ姿に・・・・結構派手なもんぺだった(笑)
紐の結び方がわからず衣装さんに聞く
(沢山着込んだこと+モンペ、トイレで苦労しました・・・汗)

脱いだ衣類やカバンなどは配られた大きなビニール袋へ
そして次のテントでヘアメイク、髪の毛をあげてもらう
この時は思ったほど昔風じゃなく、前髪もある状態だったけれど待機中のチェックで
前髪もピンで留められ少し茶色い髪には黒スプレーが
ちょっと偉い方?が「誰がこんな風にしたのかしらっっ」とお怒りモード、、、
私に言われても・・・・(汗)指示が統一してなかったのかな?
次に小道具のテントへ
無造作に下駄と斜め掛けカバン、風呂敷包みの荷物をもらう(どれも中身は新聞紙)

そしてAの待機場所テントへ向かい朝食をもらう
(私が確認したのでは3種類はあったかな?)
しばし旦那と子供を待つ・・・
旦那はリュックと水筒をぶら下げ、兵隊さんそのものー
子供はボロボロの衣装を着せられ顔もところどころ汚された姿に変身(茶色いメイク)
テンション下がるかな?と思ってたら「はだしのゲンや~」と結構楽しそうにしてた

朝食を食べてるとどんどん集まって来る人たち
すっかりその当時の人々になってる
隣に居た女性達が私達家族を見て、「この家族で物語が出来そう~」と
うん、確かに(笑)
そして私のモンペ姿を褒めてくれたり ←喜んだけど・・・それは正解?

あれこれ話したり人間観察してるだけでも楽しかった
待ち時間は長かったけれど、その間にも衣装さんやメイクさんがずっと見回っていて、
お直しや手拭の追加をもらったりと結構あっという間だった
「坊主頭が足りないので、今刈ってもいいよという方~」とのスタッフの声に刈った方も数人(驚)
坊主になって戻って来た方には感嘆と拍手が~

この間にスマ友ちゃんとの再会や初対面もありましたー
すっぴんを見せたらもう怖いもんなしだわね(爆)

10時半頃にAテントからセットに向かう
思ってたより短い距離の闇市だったけど、セットの細かさに感心した(当たり前か)
誕生月で呼ばれ駅舎の中に入る
改札があってその先には階段、短いけどホームがある
私はちょうど階段下の立ち位置
ここが日陰でとっても寒いところだった・・・裸足に下駄だったし、、、
そして外の様子はあまりわからない場所だった

それぞれが指示を受けて切符をもらう
私は改札を出て闇市へと向かうことに
何回もクレーンカメラの動きやテストを繰り返すうちに仲間さんの立ち位置が私のすぐ横だとわかる
1メートル・・・ほど?(驚)
これが中居さんだったらと思うと・・鼻血ブーで倒れてたに違いないし演技どころじゃない(笑)
ちなみに仲間さんは駅舎~闇市の雑踏に驚き~闇市を抜け豊松に会いに行く・・・という設定

仲間さん登場までには駅舎の中が暗いので天井にライトを付けたり、何回も流れを確認したりと、待ち時間も長い長いのでありました・・・(太陽待ちも何回もありました)

そしていよいよ子役の男の子、赤ちゃんがお母さんに連れられ駅舎内の部屋に・・・
赤ちゃんはその中で泣いたりしてたけどすぐに泣き止んでました
(ここは切符売り場(駅員室)だったようで、出番待ちまでの控え室になっていた。私のすぐ左側)
その子役の男の子の手を引き、赤ちゃんをおんぶした仲間さん、「おはようございます」と
お辞儀をしてから立ち位置に
とにかく頭が小さい!顔が小さい!小柄で細い!という印象

数回のリハや本番をしこのシーンは終了
次に私は同じ立ち位置で仲間さんが駅前~闇市へのシーンも無事終了 ←私の記憶が正しければ・汗
そしてやっとお昼を食べたのは14時半くらい?だったかな???
これもお弁当で3種類くらいあったと思う
お腹が空いてたので無言でパクパク
その後、親子で「仲間ちゃん可愛かったねー」と(笑)

このシーンの間に私の顔が寒さで青白いとかでメイクさんがファンデをパタパタと
ついでに頭にもパタパタと・・・・・・埃っぽくされた(泣笑)
何度もヘアをチェックしてくれたり、首に巻いた手拭を直してくれたりとちょっと女優気分(笑)
そんなことより本当は寒くて仕方なかったんだけど(え)

旦那は駅のホームから闇市へと
子供は駅前で物乞いをしたり盗人をしたり、お腹が空いて寝転んでたり・・・だった

とりあえず、UP

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。