どこまでも歩き続ける。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダニーと真壁さん。
2014年11月02日 (日) | 編集 |
慎吾と吾郎ちゃんの舞台、行って参りました
梅田にすまっぷがふたり
それも今日で終わりか…(寂
無事に最高な時を迎えられますように


ダニー慎吾はとにかく素敵でかっこよくてうっとりだったわよ
ちょっぴり太めなのも貫禄あり舞台映えすると言うことで全然問題なーい!(でもこれ以上はほんまあかんでっ

煌びやかな中に居るダニーを見ていたらちょっぴり涙も出てきました
こんな役が出来るようになったんだね
この役に巡り会えてよかったね
(ミッチーに感謝)
ナカイ風に言えば年表があるとするなら間違いなく太字になるオーシャンズ11
慎吾の新たな道筋を見たようで嬉しかったです
ありさちゃん&ヤマコーとの息もぴったりで、このふたりが居てくれたからこそのダニー慎吾の誕生だったとも思うし
華やかなセット、巧みな俳優陣の中で大きな拍手に包まれる姿を見ることが出来たのは本当に幸せな時間でした
ありがとう~


で、真壁の吾郎ちゃん
なななななんてキュートなのっ

フェアリーがそこには居ました(断言

お話はとにかく楽しくて笑いっぱなし
テンポもよくてすぐに恋音の世界へ引き込まれてしまったわよ
セリフのひとつひとつ、歌の一曲一曲で楽しませてくれて次は何がどうなるんだろ?とずっとわくわく
終わりに近付く頃はもう寂しくなってたよ…
お別れね、わたしのフェアリー…←

生演奏者をこんな風に?との驚きもたくさんあって、観客を楽しませること。
これ以上のことはないであろう、あっという間の2時間でした
めっちゃ前方列だったので吾郎ちゃんをめっちゃめっちゃガン見してましたウフフ
踊る吾郎ちゃん、歌う吾郎ちゃん、真壁の吾郎ちゃんに惚れたよっ
顔が中心に集まってるぅううう!と思う瞬間が一回だけあって、記念になりました(え
ありがとう~


現実に戻るのがつらいわ(笑



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。